運営者情報

このサイト、『遺骨ペンダント|私は【刻印】が出来るオリジナルタイプをお勧めします。』を運営してます横山といいます。

最近の私の食事は「和食」が多くなってきました。

ヘルシーな食事として和食は海外でも大人気ですね。

外食での中では最もおすすめのジャンルではないでしょうか。

和食のお店には、エネルギーが低めの料理が多く、野菜や大豆製品、海藻、キノコなどが取れるメニューも豊富で、バランスよく食べるにはもってこいです。

和食の美味しさは、脂肪だけではなく旨味(だし)が基本。

低エネルギーでダイエットに最適ですが意外な落とし穴もあるので油断は禁物です。

天ぷらやとんかつなどは脂質が多く、釜飯や丼ものなどはご飯が多いので、エネルギーオーバーに気をつけてください。

ご飯の主食に、魚介や大豆製品の主菜、たっぷりの野菜やキノコ、海藻類の副菜が揃った定食スタイルがオススメです。

和食では塩分の取りすぎにも注意したいもの。

塩辛い干物、味の濃い常備菜楓のおかず、漬物、佃煮、味噌汁など、品数が多くなればなるほど高塩分になり、ご飯の食べすぎの原因にもなります。

つけるお醤油やタレ、ソースなども控えめに。

和食のメニューで意外にお勧めなのが鍋物です。

肉や魚介、豆腐などが適度に入り、野菜はたっぷり。

雑炊やうどんでしめれば、これだけで栄養バランスは良好です。

調理に油を使うこともないので、大量に食べさえしなければ、エネルギーも合格です。

鍋を囲んで煮ながら食べれば、楽しく食べられ、早食い防止のメリットもあります。

ところで外食で気を付けないといけないのが「サラダ」 。

豆腐サラダ、海鮮サラダ…… 。

副菜にサラダを選んでも、サラダとは名ばかりで野菜以外の材料は多いことも。

どんな料理かよく確認して選ぶことも大切。

また量が多いときは起こす勇気を。

丼もののご飯は250から300グラム。

普通盛りでもお茶碗が大きめだと200から250 gになります。

初めから少なめで……といっておいた方がいいかもしれませんね!


■運営者:ニュー・メディア・オンライン[www.遺骨ペンダント.com]担当:横山
■E-mail:news1962online★yahoo.co.jp ※最近迷惑メールが多いので★を@の小文字に変更して下さい
■住所:東京都世田谷区

遺骨ペンダント|私は【刻印】が出来るオリジナルタイプをお勧めしますのトップページへ